一般財団法人 山本美香記念財団(Mika Yamamoto Memorial Foundation)

JP EN

2012年8月20日、シリア取材中に凶弾に倒れたジャパンプレス所属のジャーナリスト・山本美香の遺志を継ぐべく、当財団は設立されましました

2020年7月22日
第7回「山本美香記念国際ジャーナリスト賞」授賞式・シンポジウムについてのお知らせ

2020年5月26日
坪井兵輔さん受賞の言葉大矢英代さん受賞の言葉

山本美香記念国際ジャーナリスト賞

山本美香記念国際ジャーナリスト賞は、2012年8月20日、中東シリアのアレッポにて取材中、銃弾に斃れた山本美香(享年45)のジャーナリスト精神を引き継ぎ、果敢かつ誠実な国際報道につとめた個人に対して贈ろうとするものです。

山本美香のジャーナリスト精神をひとことで言えば、不正義や不条理に対して何がどのように不正義で不条理であるのか、伝聞ではなく自分自身の目と耳でとらえ、世界中に発信しようとするタフな行動力のことであり、不正義や不条理がおこなわれているとすれば、それらの国々や地域において、生死のはざまをそれでも懸命に生きていこうとする人びとの姿を深い共感をもって世界中に伝えようとするヒューマニスティックな視座のことである。

この両面を併せ持つ国際報道をおこなった個人の営為に対して、同賞を贈りたいと思います。国際報道といっても、たとえば東日本大震災のような日本国内で起こった世界史的レベルの出来事についての報道も含まれます。

映像、写真、文章、この三つのジャンルを選考対象とし、一年間を通じてもっとも素晴らしいと思われる国際報道にあたった個人を顕彰いたします。候補作は山本美香記念財団理事会・評議員会によって選定し、授賞作は選考委員会によって決定します。(文・髙山文彦)

賞の詳細

財団の活動・ニュース

当財団では、山本美香の遺志を引き継ぐ次世代のジャーナリスト育成を目指しています。

2019年12月1日
笠井千晶さん(山本美香記念国際ジャーナリスト賞第5回受賞者)の「家族写真 3・11原発事故と忘れられた津波」が、第26回小学館ノンフィクション大賞に決定しました。

寄付のお願い 月々1,000円から支援が可能!ジャーナリストの活動・育成を支援

寄付のお願い 月々1,000円から支援が可能!ジャーナリストの活動・育成を支援

第1回山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞者、伊藤めぐみさんのブログ。現在、イラククルド人自治区のクルディスタン・ハウレル大学に留学中。

第1回山本美香記念国際ジャーナリスト賞受賞者、伊藤めぐみさんのブログ。現在、イラククルド人自治区のクルディスタン・ハウレル大学に留学中。